アメリカの高校に一年間留学していたときスペイン語を学びました。また機会があればスペイン語教室に通うつもりです。

スペイン語教室でスペイン語を学びましょう
スペイン語教室でスペイン語を学びましょう

スペイン語教室について

高校生のとき一年間アメリカに留学していました。アメリカの高校では外国語の授業としてスペイン語の授業を選択していました。というのもホストファーザーがアメリカの有名な貿易会社に勤めていてスペイン語が堪能で、何を勉強しようかと悩んでいるくらいならスペイン語はどうかとすすめられたからです。また留学中にスペイン人の友人と仲良くなったことも影響しています。アメリカはメキシコと国境を共有しているだけのことはあり、スペイン語の人気は高いです。スペイン語の初級のクラスをとりましたが、基本的な単語さえ覚えれば簡単な文章であればすぐにつくることができました。

スペイン語では形容詞が名詞の後ろにくるという違いがありますが、語順は英語にとてもよく似ています。主語によって動詞の変化が英語よりもたくさんありましたが、それも覚えてしまえばそれほど難しくはありませんでした。初級のクラスだったので難しい文法はほとんど出てくることはありませんでした。たまにレポート用紙一枚分の作文をつくってくる宿題が出ましたが、知らない単語を辞書でひきながら楽しく宿題をこなしていました。あれ以来スペイン語を使うことはほとんどありませんでしたが、また機会があればスペイン語教室にぜひ通ってみようと思います。