スペイン語教室に通って、文法を身に付けることはスペイン語を習得して、使えるために重要です。

スペイン語教室でスペイン語を学びましょう
スペイン語教室でスペイン語を学びましょう

スペイン語教室に行って文法を身に付けよう

スペイン語教室に通う時は、文法をきちんと身に付けるようにしてください。文法はスペイン語の基礎です。文法を自分のものにしなければ、スペイン語は使えるようになりません。日本人は受験英語を経験しているので、文法に苦手意識を持っている人が多いです。受験英語の時のように枝葉末節を勉強する必要はありません。意思の疎通がスムーズになる文法を教室に通って勉強するのです。そのためには、日本語が流暢に話せるスペイン人の先生がいる学校に行く必要があります。日本語が話せないと、複雑な文法の内容を説明しにくいことがあります。日本語を話せるスペイン人の先生がいる学校が見つかりにくい時は、スペイン語の文法を深く理解している先生がいる学校を探しましょう。

日本語とスペイン語は大きく異なった言葉です。全く別の言葉と言って良いでしょう。そのためスペイン語の文法を知らないと、スペイン語の習得に時間がかかってしまいます。日本語では名詞の前に冠詞をつけません。しかし、スペイン語では必ず付けるようになっています。例えば、manzana(リンゴ)というスペイン語の前には,laという定冠詞をつけて、manzanaが複数形(manzans)になったら、lasという定冠詞をつけます。このような文法を一つ一つ教室で勉強するのが大切なのです。